ご利用案内

最新のおしらせ

速報 ユキヒョウに赤ちゃんが誕生 4月1日

ユキヒョウの赤ちゃんとジーマの写真   3月31日の早朝に、ユキヒョウの赤ちゃん1頭が誕生しました。
  ユキヒョウはヒマラヤ山脈や中央アジアのおもに高地帯にすむ絶滅危惧種です。 国内では9施設で計18頭(2022年12月31日現在)が飼育されているだけで、日本動物園水族館協会では、繁殖計画の推進に力を入れている動物です。
  いしかわ動物園でのユキヒョウの誕生は初めてとなります。

<赤ちゃん情報>
・誕生日時:2023年(令和5年)3月31日 午前5時13分
・赤ちゃんの様子:母子ともに元気で、赤ちゃんは母乳も飲んでいる様子
・性 別:不明
・両 親:母親「ジーマ」(12歳)。ライプチヒ動物園(ドイツ)生まれ。旭山動物園(北海道)を経て、2022年1月に当園に来園
父親「スカイ」(11歳)。多摩動物公園(東京)生まれで、2013年3月に来園
・一般公開:健康状態を見極めながら慎重に進めていきます

※ユキヒョウの赤ちゃん誕生にともない、しばらくの間、ユキヒョウ「スカイ」およびヒョウ「コロン」の 展示を一時的に中止するかもしれませんので、ご了承ください。

2023年度の「フォトコンテスト」が始まりました 4月1日

2022年度最優秀賞作品「愛情表現」(藤原真樹さんの作品)   4月1日から、「いしかわ動物園フォトコンテスト2023」が始まりました。 昨年度同様、カメラ部門とスマホ部門に分けて受け付けますので、皆さまの「この1枚」を、どしどしご応募ください。

作品課題/「いしかわ動物園の動物または園内風景」
作品募集/2023年4月1日(土)~9月30日(土)必着
入選作品展/2023年11月1日(水)~12月18日(月)/動物学習センター
応募方法/カメラ部門はプリントで、スマホ部門でデータで、それぞれ下記宛てお送りください。両部門合計で1人2点までご応募いただけます。
応 募 先/いしかわ動物園「フォトコンテスト係」
・カメラ部門:〒923-1222 石川県能美市徳山町600番地 TEL.0761-51-8500
・スマホ部門:photocon@ishikawazoo.jp

詳しくは、左のバナー「動物園フォトコンテスト」からご覧ください。

4月1日から閉園時刻が午後5時に変わります 4月1日


  4月1日(土)から、夏時間への切り替えにともない、閉園時刻が午後5時となりますので、お間違いのないようご注意ください。
・閉園時刻:午後4時30分から、午後5時へ変更となります。
・「トキ里山館」の閉館時刻:午後4時30分から、午後5時へ変更となります。
・「ライチョウの峰」の閉館時刻:引き続き午後4時30分に閉館となりますので、ご注意ください。

メールマガジン終了のお知らせ 4月1日


  月1回のペースでいしかわ動物園の情報をお伝えしていましたメールマガジン(休刊中)は、2023年3月31日をもちまして終了いたします。 今後は、より速報性の高いフェイスブックやツイッター等で情報を発信してまいります。
  4月1日からはメールマガジンへの新規登録ができなくなりますが、過去のメールマガジンのうち、 303~359号までは引き続き「情報BOX/もっとくわしく」からご覧いただくことができます。

ただいま、特別展「動物福祉」を開催中 3月29日

特別展を観覧する来園者の写真3


特 別 展  ◆動物福祉 ~動物たちの くらしを 考える~◆
開催期間  2023年3月15日(水)~5月22日(月)
展示会場  動物学習センター
展示内容
・動物園今昔(パネル)/金沢市卯辰山時代の「金沢動物園」と、現在のいしかわ動物園の役割の変化を紹介。 卯辰山時代の懐かしい写真3点を公開しました。
・動物福祉とは?(パネル、映像)/動物福祉の基本的な考え方を説明し、当園が取り組む動物福祉をパネルと映像で紹介しています。
・動物福祉クイズ(モニター、パネル)/小さな子ども向けに、動物福祉につながるクイズを大型モニターやパネルで作製しました。
・皆さんの声を募集(パネル)/当園の動物福祉に関するご指摘やご感想、皆さんが取り組みたい動物福祉についての声を募集しています。 いろいろなご意見をお聞かせください。

  個々の動物に寄り添った飼育環境を整える「動物福祉」について、当園の取り組みを中心に紹介した特別展です。 聞き慣れない言葉ですが、飼育員たちが展示動物に対してどのような思いでいるのかをご理解いただけるのではないかと思いますので、 ご来園の際は、動物学習センターに、ぜひお立ち寄りください。

シロテテナガザルの「ルーク」が死亡しました 3月24日

生前のルークの写真  3月23日に、シロテテナガザルの「ルーク」(オス、26歳)が死亡しました。 ルークは2002年4月に旭山動物園(旭川市)から来園し、サクラ(メス・25歳)との間に4頭の子どもをもうけました。 とてもやさしい性格である一方、子どもたちに対しては厳しい顔を見せることもあり、とてもいいお父さんでした。
 これまで応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。
 なお、ルークの死を悼み、3月25日(土)から31日(金)まで、シロテテナガザルの屋外展示場前に献花台を設置します。

死亡日時/令和5年3月23日(木)18:00頃確認
経過など/3月上旬から動作が不活発となり、死亡1週間ほど前から徐々に食欲も落ち、体力もなくなってきていました。 治療を続けていましたが、3月23日(木)に死亡を確認しました。死因については、調査中です。
出 生 日/平成8年9月5日、旭山動物園生まれ

「水辺の小径」「メダカたちの池」を再開しました 3月23日


 昨年11月から閉鎖していた園内中央の「水辺の小径」「メダカたちの池」を再開いたしました。 「メダカたちの池」では、天気がいい日にはメダカやオタマジャクシ、トカゲやトンボなど様々な生き物たちを観察することができます。
 なお、足元が滑りやすくなっている場合がありますので、お気を付けください。

今年度のカピバラ湯は3月21日で終了します 3月20日

日光浴をするカピバラの写真   ご好評いただいております「ふれあいひろば」のカピバラ湯は、今年度は3月21日(火・祝)をもちまして終了いたしますので、ご了承ください。
  カピバラ自体は、引き続き毎日展示しておりますので、ぜひお立ち寄りください。 今年の春は暖かいせいか、晴れた日は温泉に入らずに、のんびりと日光浴を楽しむ姿が多くなりました。

新型コロナウイルス感染症における「マスク着用の扱い」及びお食事ガイドの再開について 3月11日


 厚生労働省の「マスク着用についての考え方」が変更となったことから、 3月13日(月)から園内でのマスクの着用について以下の通り変更いたします。 なお、入園時の検温や手指のアルコール消毒は、継続いたします。

マスク着用ルールについて

 また、お客様には、マスク着用に関し「マスクをしている、していない」方に対しで中傷することのないよう皆様のご理解とご協力お願い申し上げます。
 なお厚生労働省等からの指示や今後の状況によっては、当園の新型コロナウイルス感染症における対応を変更する場合がございます。 変更が決まり次第、随時公式ホームページ等でお知らせいたします。
 また、お客様同士が一か所に集中することを避けるため、動物のお食事ガイドを中止しておりましたが、 3月13日(月)から平日限定で再開することにいたしました。 お食事ガイドのタイムスケジュールは、エントランス広場と各飼育施設の案内看板や園内放送でアナウンスしております。

いしかわ動物園における傷病鳥の受け入れ制限について 10月13日

  高病原性鳥インフルエンザの国内2例目の発生が確認され、環境省の野鳥サーベイランス体制が「対応レベル3」に引き上げられました。 この措置を受け、当園で飼育展示しているトキやライチョウ、他の展示鳥への感染を防ぐ観点から、下記の水鳥、猛禽類、ならびにカラス属の傷病鳥の受け入れを一時中止することとなりましたので、ご理解・ご協力いただきますよう、お願いいたします。

<受け入れ中止の対象種> カモ目、カイツブリ目、アビ目、ミズナギドリ目、コウノトリ目、カツオドリ目、ペリカン目、ツル目、チドリ目、タカ目、フクロウ目、ハヤブサ目の全種、およびカラス属(ハシブトガラス、ハシボソカラス等)

<受け入れを中止する期間> 令和4年(2022年)10月11日から高病原性鳥インフルエンザ蔓延が収束するまでの期間

いしかわ旅行割キャンペーンについて 10月12日

 「いしかわ旅行割キャンペーン」開始を受け、観光クーポンをご利用いただけるようになりました。

【観光クーポン】が利用できる場所
・チケット売り場/入園券・年間パスポートの購入にご利用いただけます。
・ズーショップ「ダン」、「エルザ」/ズーショップでの商品購入にご利用いただけます。
※ズーショップ「メロン」およびレストラン「サニー」ではご利用いただけませんので、ご注意ください。

 クーポンの受け取りの手順・ご利用方法等についての詳細は、いしかわ旅行割キャンペーン事務局のホームページをご参照ください。