ご利用案内

最新のおしらせ

アカハナグマとアルパカが仲間入りしました! 4月3日

アカハナグマのチャスケの写真 アルパカのキャンディの写真


 新しくアカハナグマの「チャスケ」とアルパカの「キャンディ」が仲間入りしました。 食いしん坊のチャスケは少しやんちゃなところもありますが、人懐っこい性格です。 一方、キャンディはどちらかというと慎重な性格ですが、元々いたオスのホップとの相性は良さそうなので、今後2頭の様子を見ながら一緒に展示したいと考えています。

◆2頭の特徴◆
●アカハナグマ
 ・愛  称:チャスケ
 ・性  別:オス
 ・生年月日:2017年9月
 ・公開場所:南米の森(ほかの個体と日替わりで展示しているため、ご覧いただけない日もあります)
●アルパカ
 ・愛  称:キャンディ
 ・性  別:メス
 ・生年月日:2012年7月8日
 ・公開場所:ふれあいひろば アルパカ舎

4月1日から夏期営業時間に変わります 4月1日

 4月1日(月)から夏期営業時間となりますので、ご来園の際はお間違いのないようご注意ください。
◆閉園時刻が午後4時30分から午後5時(最終入園は午後4時30分まで)に変わります。
◆トキ里山館の閉館時刻が午後5時に変わります。
◆ライチョウの峰の閉館時刻は午後4時です。

コビトカバの赤ちゃんが死亡 3月22日

今回死亡した赤ちゃんと母ノゾミの写真  3月17日(火)に、コビトカバの赤ちゃんの死亡が確認されました。 昨年の12月25日に生まれてから直近まで元気に成長していましたが、数日前より食欲が落ち、3月17日に体調が急変しました。 死因については、現在調査中です。短い間ではありましたが応援していただき、ありがとうございました。

 なお、赤ちゃんの死を悼み、カバの池の屋内展示場に献花台を設置してあります。皆さまからの温かい言葉をお寄せいただければ幸いです。

「オーストラリアの平原」一時閉鎖のお知らせ 2019年12月31日


 2020年1月2日(木)からオーストラリアの平原を閉鎖いたします。

 開園20周年記念事業の一環として行なわれる改修工事のため、同エリアを閉鎖することとなりました。 これに伴い、オオカンガルー、アカクビワラビー、エミュー、スッポンモドキは非展示となり、ご覧いただくことはできませんので、ご了承ください。
 なお、リニューアル後のオープンは春ごろを予定しております。