園内ガイド

展示動物紹介

水鳥たちの池 Asian Waterbird Pond

水鳥たちの池の写真

この施設では自由に飛び回る鳥たちの世界に、来園者自らが足を踏み入れていくことができます。 ここではトキの近縁種でもあるホオアカトキやクロトキ、カケスなどの野生に戻すことのできない保護鳥なども皆さんを出迎えてくれます。
 その他観察できる鳥類としてコハクチョウ、オシドリ、マガモ、カルガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、トモエガモ、コガモ、アマサギ、ゴイサギ、ウミネコ、ユリカモメ、ムナグロ、ウズラ、ヒヨドリなどが生活しています。木陰に隠れていることもあるので、ぜひともバードウォッチングをじっくりとお楽しみ下さい。

カケス Carrulus glandarius

カケスの写真

外国
語の
表記
Jay
松?
??
分類 スズメ目 カラス科
分布 ユーラシア大陸
保護

山地の林にすみ、秋冬になると低い山や平地の林に移動します。主にドングリなどの木の実を採食するが、雑食性が強く、昆虫類も食べています。繁殖期以外では群れで生活します。 自己本来の声のほか、他の鳥の声や音をまねるのが上手な鳥です。「ジェーイッ」と濁った大きな声で鳴きます。

カケスの写真1 カケスの写真2 カケスの写真3

お食事ガイドでは、直接餌やりをすることもできるので、ぜひ見に来て下さい。

ウミネコ Larus crassirostris

ウミネコの写真

外国
語の
表記
Black Tailed Gull
K尾?
?????
分類 チドリ目 カモメ科
分布 オホーツク海 日本海 黄海北部 日本列島太平洋岸
保護 IUCN(LC)

日本全国の沿岸、港、河口、干潟などに生息し一年中見ることができます。その名の通りネコに似た声で「ミャオー」と鳴きます。 尾羽の黒い帯が特徴です。主に小形の魚類、甲殻類、両生類、昆虫類をとらえて食べています。 一年中群れで生活し、海岸の岩棚や草地に枯れ草や海藻などで巣を作ります。

ウミネコの写真1 ウミネコの写真2 ウミネコの写真3

翼の骨が折れてしまい当園に運び込まれた野鳥です。骨はつながりましたが野生では生活していけません。

ホオアカトキ Geronticus eremita

2羽のホオアカトキの写真

外国
語の
表記
Northern Bald Ibis
??
??????
分類 ペリカン目 トキ科
分布 モロッコ、トルコ
保護 国際希少野生動植物種、CITES(附属書Ⅰ)、IUCN(CR)

水辺の近くの崖などに集団で巣をつくりヒナを育てます。野性のものは絶滅の危機にあり、現在では多くの動物園で繁殖が行われています。いしかわ動物園でも2008年から2009年にかけて自然繁殖と人工繁殖に成功しています。

巣箱の中のホオアカトキの親の写真 巣箱の中のホオアカトキの親子の写真 ホオアカトキの若鳥の写真

動物園では絶滅の危機にある動物たちを保護・増殖する技術の向上に取り組んでいます。

オシドリ Aix galericulata

オシドリのオスの写真

外国
語の
表記
Mandarin Duck
??
??
分類 カモ目 カモ科
分布 日本、中国
保護 IUCN(LC)

日本では全国で繁殖していますが、中国から冬鳥としてもやってくる場合もあります。「おしどり夫婦」という言葉もありますが、実は繁殖期以外はオスとメスは別々に行動していて、毎年パートナーもかえているようです。

オシドリの夫婦の写真 巣の中にあるオシドリの卵の写真 オシドリの親子の写真

左の写真がいわゆる「おしどり夫婦」で、カラフルな左の方がオスです。巣の中を覗いてみると、暖かそうな羽毛に包まれた卵がありました。ふ化したヒナはご覧のように、親とはまったく違う色です。