どうぶつえん日記

最新のどうぶつえん日記

カピバラの露天風呂協定に加盟しました  1月17日

皆様、あけましておめでとうございます。 1月8日に全国的に人気のあるカピバラですが、この度「カピバラの露天風呂協定」に加盟いたしました。これは以前から行われていたもので、伊豆シャボテン動物公園、長崎バイオパーク、埼玉県こども動物自然公園、那須どうぶつ王国がカピバラを愛するファンの皆さんのために毎年露天風呂を開催し続けることと、カピバラの露天風呂の普及に努めることを目的としています。ここにいしかわ動物園が加わりました。当日は協定書の調印式と、恒例の長風呂対決を行いました。長風呂対決と言っても強制的に行うのではなく、どれだけカピバラたちが快適にかつ、リラックスしてお風呂を活用しているかを競い合うと言ったほうが良いかもしれません。ちなみに当園の代表は、メスの「サッチ」で、記録は12分40秒の4位でした。目標はもちろん優勝でしたが、「サッチ」が頑張ってくれたので、満足です。 各園の記録は以下のとおりです。
【優勝・・・埼玉県こども動物自然公園 メープル 記録1時間36分17秒 、準優勝 那須どうぶつ王国 ペコー 記録1時間33分16秒、3位・・・伊豆シャボテン動物公園 がんも 記録28分31秒、4位・・・いしかわ動物園 サッチ 記録12分40秒、5位 長崎バイオパーク もみじ 記録8分56秒】

調印式の写真 湯の写真 記録の写真

トキの繁殖羽 1月14日

 1月になり、雪の日が続いていますが、トキ里山館のトキたちには既に繁殖期の予感が訪れています。通常2月ごろから繁殖羽に変わるのですが、メスは気が早いのか昨年11月ごろより繁殖羽(黒い色素を塗りつける)になってきています。オスは数日前より徐々にうっすら黒色の色素が出てきたようです。雪の中で見ると朱鷺色と黒色がはっきりと浮き出るようです。是非ご覧ください。(野田 英樹)

トキオスの写真 トキメスの写真 トキ2羽の写真

オランウータン ドーネの母親勉強 1月5日

オランウータンのドーネは初産ということもあり、通常飼育に加えて出産前からさまざまな準備をしています。 ここ最近では寝室の扉越しにモニターを置いて、オランウータンが子育てをする映像を観たり、 オランウータンの子どものぬいぐるみ、パペットを飼育係が抱っこするのを見ることで母親になるための勉強をしています。 特にパペットには興味を示し、匂いを嗅いだり触ったりしています。段々と母性本能が目覚めてきているような感じです。 頑張れドーネ!(出村 哲)

ドーネお勉強の写真 ドーネお勉強の写真2

アカハナグマ「タンビ」の綱渡り 1月2日

オレの愛称は「タンビ」。尻尾が短いから、そう名づけられたんだ。特技は綱渡りだけど、いつでもするわけではないんだぜ。 飼育係の兄さんが、おやつのリンゴを渡してあるロープの真ん中に吊すもんだから、仕方なく渡るんだ。 時々やっているから、見ることができたら、ラッキーてなもんだ。 まぁ時々バランスを崩して、ロープにぶら下がりながら進むけど、ご愛敬ってやつさ。 ロープにぶら下がってエサを食べている様子がナマケモノの「ブラン」に似てるって? 失礼な!  ナマケモノと一緒にしてほしくないね。オレはアカハナグマ。ちなみに、「アカ」+「ハナグマ」だからな。 「アカハナ」+「クマ」じゃないからな。ついでに、トナカイでもないからな。 …今年もヨロシクな。(三上 秀彦)

綱渡りを始めたタンビの写真 バランスを崩したタンビの写真 ぶら下がりながらおやつを食べるタンビの写真

国造ゆずPR大使に任命されました 12月23日

12月22日の冬至の日にカピバラ展示場前にてイベントを行いました。毎年、冬至にはゆず湯と、かぼちゃのエサを与えるイベントを行ってきましたが、 今年は地元能美市特産の国造ゆずを能美産国造ゆず特別栽培ネットワーク様よりいただき、光栄なことに「国造ゆずPR大使」に当園のカピバラが任命されました。 また、動物園で作った「育てたい肥」を国造ゆずの肥料として使っていただくために贈呈し、地元能美市とさらに良い関係を築くことができました。 カピバラたちは早速ゆず湯に浸かりリラックスした様子で満喫していました。これで今年の冬も暖かく過ごせそうです。(新谷 純弘)

ユズPR大使の写真1 ユズPR大使の写真2 ユズPR大使の写真3