どうぶつえん日記

最新のどうぶつえん日記

ミライ デビュー♪ 4月24日

コビトカバのミライが屋外展示場にデビューしました。と言っても、初めて屋外展示場に出たわけではありません。 事前に少しずつ馴らしていました。初めて屋外展示場に出した時は、短時間だけ出しました。 落ち着きなく辺りをキョロキョロ見回し、少しでも母親のノゾミと離れると、ダッシュでノゾミの元に戻ってくっついていましたが、 今は落ち着いて餌を食べ、お昼寝をして、プールにも入ります。おまけに、ノゾミにちょっかいを出すほどに外の環境に馴れたので、デビューということになりました。 この、ちょっかいの出し方がかわいくて、見ていて飽きません。ミライはゆっくりノゾミに近付いて足をパクっと甘噛みします。ノゾミはヒョイと足を上げて少し離れます。 またミライが近付いてパクっ!という感じで繰り返します。文章では伝わりづらいですが、実際に見ると笑えます。ちなみに、あんまりしつこいと普段は温厚なノゾミも少し怒ります(笑) 是非、かわいいミライを見に来て下さい!(小倉 康武)

コビトカバ親子の写真1 コビトカバ親子の写真2

てんこ盛り 4月24日

「郷土の水辺」の「石川の池・沼」水槽には、ニホンイシガメがいます。 冬の間、水温の方が高かったので水中にいることが多く、あまり見えませんでした。 春になって暖かくなったので最近では、晴れた日に陽が当たる場所で甲羅(こうら)干ししている様子が観察できます。 甲羅の細菌の繁殖を抑えることもできますし。カメは変温動物なので、体を温めることは活動するのに必要なことです。 陽の当たる場所の奪い合いでカメの上にカメが乗っていることもあります。晴れた日には、カメの甲羅干しをチェックしてみて下さい。(那須田樹

イシガメの写真1 イシガメの写真2 イシガメの写真3

4種すべてに元気が戻りました 4月16日

等身大フィギュアの塗り替え作業を開始してから、もうすぐ1ヶ月になろうとしています。 その間、トラ、マゼランペンギン、グレビーシマウマ、チンパンジーと 全部で4種類の総塗り替えをしてきました。 動物診療の合間を見つけて現場にちょくちょく向かい、お客様とのコミュニケーションも 普段以上にできたことで、とても充実したひとときでした。 待機している4種類の動物たちは、今まで以上に元気な姿でお客様をお待ちしています。 一緒に写真撮影など沢山のお客様にご利用いただければと思っています。(獣医師 北川 和也)

チンパンジーの写真 シマウマの写真 塗装の写真

アルパカ夏仕様へ衣替え中 4月15日

最近少しずつ暖かくなってきたので、アルパカのホップの毛刈りを始めました。 当園ではアルパカは羊のように一気に毛を刈るのではなく、はさみやバリカンを使って少しずつ時間をかけて短くしていきます。 2シーズン目の毛刈りということもあって昨年よりは慣れた様子ですが、時にまわし蹴りを受ける担当者はひやひやです。 お客様にご褒美のエサを与えてもらいながら、その間も担当者は黙々とカットし続けます。 さて今年はどのような出来栄えになるでしょうか。ぜひ見かけた際は温かく見守ってあげてください。(学習センター 市保 友恵)

アルパカの写真 アルパカ毛刈りの写真 アルパカ毛刈りのの写真2

マーラの赤ちゃん本日から公開! 4月14日

3月24日に生まれたマーラの赤ちゃんが屋外展示場にデビューしました。この赤ちゃんはオスで愛称はマッチです。展示場に出ると飛び跳ねながら走り回ったり、色々な場所へ上っては匂いを嗅いだりと好奇心旺盛によく動きまわっていました。大人に混じってエサを食べる様子も見られ、元気いっぱいです。でもまだまだお母さんのおっぱいは欲しいようで、一生懸命おっぱいを飲んでいる時もありましたよ。今はまだ赤ちゃんらしいマッチですがマーラはすぐに大きくなってしまうので、ぜひ早めに見に来てくださいね。(学習センター 市保 友恵)

マーラの写真 マーラの写真 マーラの写真