どうぶつえん日記

最新のどうぶつえん日記

秋が去っていく前に   11月28日

 カピバラ湯では11月23日~11月25日まで、もみじ風呂を行いました。秋もそろそろ終わるということで、秋らしいお風呂を楽しんでもらおうと、園内のもみじを少しいただき入れ、飼育員の家で採れた柿を浮かべてみました。とても秋らしいお風呂になったんですが、赤がキレイなもみじも、だいだい色がキレイな柿もカピバラにとっては美味しそうなご飯なんです。(笑)入れたらすぐどちらも食べ始め、美味しそうにずっと食べ続けていました。あっという間にもみじも柿も無くなっちゃいましたが、カピバラが美味しそうに食べてくれたので、よかったです。(笑) ※写真は、もみじ風呂に入るモミジです。(村田 真澄)

モミジ風呂の写真 モミジ風呂の写真 モミジ風呂の写真

ペンギンのお散歩はじまりました  11月28日

  11月23日よりペンギンのお散歩がはじまりました。冬の間のみ実施されるイベントで 毎日13時になりますとみなさんの前までペンギンたちが歩いてきます。 ペンギンの食べている姿やよちよちと可愛らしく歩くところを間近で見ることのできる 大チャンスです!ペンギンたちの機嫌がよければ横にしゃがんで一緒に写真を撮ることもできるかも…。寒さに負けず、元気いっぱいのペンギンたちにぜひ会いに来てください! (林 皓太)

マゼランペンギンの写真 マゼランペンギンの写真

バードストリートのニューフェイス ニホンキジ  11月26日

  ニホンキジのオスが約2年ぶりに仲間入りしました(写真の右側の個体)。 2羽は一緒に餌を食べ、落ち着いて過ごしています。 なかなか相性は良いようです。 ところでこのオス、2018年生まれの若鳥で、まだ地味な姿をしています。 背中には薄く緑の光沢、足には小さな突起(ケヅメ)もあるのでオスとされたのですが、特有の赤い顔、緑の体色が現れません。 普通なら5~6月に生まれて半年ほどたつとオスの姿になるはずですが…。 よほど生まれたのが遅かったのか、ひょっとしてオネエなのか、そもそもメスなのか、いろいろと気をもむこの頃です。 (瀧本 薫)

ニホンキジの写真 ニホンキジの写真

バードストリートのニューフェイス アカショウビン  11月26日

  10月6日、アカショウビンの展示場にもう一羽が仲間入りしました。名前はアン。今年生まれた若鳥です。成鳥と比較すると羽と嘴の一部の色が違うので簡単に見分けることができます。とにかく良く食べます。午前と午後に一回ずつ直接餌を与えていますので、是非、一度ご覧ください。さて、朝晩の冷え込みが厳しくなってきました。アカショウビンは寒さにとても弱いので、今年もファンヒーター付きの部屋を用意しました。2年先輩のキョロとのお見合いが遅れたため、あまり仲良くならず、そのため部屋を急遽、増設しました。現在、増設した部屋があまり気に入らないようで、夜間は外で過ごしていることが多く、心配する日が続いています。様々な工夫を繰り返して、何とか初めての冬を無事に乗り越えてくれるよう頑張ります。 (瀧本 薫)

アカショウビンの写真 アカショウビンの写真

ゾウガメたちの体重計量  11月24日

   カメたちの広場でゾウガメたちに餌をやりながらガイドをしていると、「何kgぐらいあるのですか?」と尋ねられることがしばしばあります。 50kg位の頃はなんとか持ち上げて人間用体重計で量れたのですが、簡単に持ち上げられない現在、なかなか量る機会がありませんでした。 そこでとある休園日、大型体重計を持ち込んで量ってみました。すると、ゾウガメのアースが85kg、ムーンが89kg、一番小さい黒豆が30kgありました。 ついでにケヅメリクガメも量ってみたところ、オスが36kgと33kg、メスが25kgでした。次回計量するときにはゾウガメの体重が100kgを越えそうですね。(野田 英樹)

カメの体重測定の写真 カメの体重測定の写真