どうぶつえん日記

最新のどうぶつえん日記

置いてみました 3月22日

先日、小動物プロムナードにレッサーパンダの人形を置いてみました。紙粘土で人形を作り折り紙やストローで竹を作って、いざ設置してみると、思ったよりもスペースが広く、ずいぶん寂しい感じになってしまいました。 せっかくなので、これから少しずつ空きスペースも埋めていこうと思います。 ところで、手作り感満載、良く言えば味がある(笑)この人形ですが、意外と子どもに人気があるのか、はたまたあまりの出来の良さ(!?)に魂が宿ったのか、 朝と夕方で置いてある場所が変わっていることがあります。これからの春休みシーズン、壊れないようにそっと手にとって見てもらえればと思います。   P.S.暇な時にのんびりと作っていたら春になってしまいました。余った粘土で一緒に作った雪だるまは次の冬まで家に飾っておきます(笑)。  (南都 慶介)

レッサーパンダ置物の写真1 レッサーパンダ置物の写真2 置物の写真

ヒョウのハッピー死亡  3月16日

ハッピーの画像  3月15日、ヒョウの「ハッピー」が老衰により死亡しました。21歳でした(亜種不明のヒョウの中では国内最高齢)。 長い間その名の通りたくさんのハッピーをくれてありがとう。そして御苦労さまハッピー。(坂牧 朝仁)

カメレオンの捕食シーン 3月14日

 動物学習センターで展示しているエボシカメレオンには、コオロギや小松菜を与えています。 カメレオンといえば長い舌を伸ばして昆虫を捕らえることで有名ですが、エボシカメレオンは例外的に野菜も食べます。 むしゃむしゃと食べる様子はまるでイグアナのようです。さて、カメレオンの舌が伸びる瞬間を写真に撮ろうとがんばっているのですが、 一番伸びた瞬間をなかなか捉えることができません。カメラのコマ撮り機能の限界のようです。 こうなったらタイミングが上手く合うまで、何度でも挑戦するしかありません。皆様もぜひカメレオンの捕食シーンをカメラで捉えてみてください。(野田 英樹)

エボシカメレオンの写真1 エボシカメレオンの写真2 エボシカメレオンの写真3

モルモット産まれました 3月7日

 昨年10月からモルモットの行進を行っていますが、始めた当初は20頭のモルモット達が飼育員達お手製のレーンを通り皆さんの前でエサを食べていました。 しかし、高齢個体が多いため寿命等により数が減ることが予想されました。 なので個体数を増やすべく、お見合いも同時進行で進めた結果、今年の1月5日と9日に2頭のメスから3頭ずつの子どもが無事に生まれました。 今はまだ別の部屋にいますが、人の姿を見るとエサを催促するまでに成長しました。もう少し暖かくなったら他のモルモット達と一緒に行進に参加する予定です。お楽しみに。( 高島 裕美 )

モルモットの写真1 モルモットの写真2 モルモットの写真3

モルモットのチュウ?  3月7日

モルモットの画像  行進を終えてご飯を食べているモルモット達、その中をよーく見ているとなんとチュウをしている子たちが!とっても仲がいいのかな~? と思って見ていたらご飯の小松菜を取り合っているだけでした・・・。いしかわ動物園のモルモット達は食いしん坊が多いので、 他の子たちに横取りされないようにご飯の時間でも気を抜けないようですね。ちなみにモルモットはネズミの仲間ですが、 鳴き声はチューチューではなくキュイキュイと鳴いたりするんですよ。モルモットの行進の時には皆さんの近くまで来てくれるので、 鳴き声が聞こえるかもしれませんね。行進の本番はもう少し先ですが、練習しているところを見ることもできますので是非見に来て下さい。(坂不田 雅人)